個別指導解析

デメリット

塾のデメリット

・決められた先生ですので、教え方が不満足でも先生を選ぶことができません。
・決められたカリキュラムで授業が進行するため、自分のペースで勉強できません。
・休むと、授業に遅れてしまい、わからないまま先に進んでしまうことにより、やる気の低下もありえます。
・わからない部分の質問がしにくい、授業のペースにより質問の機会も少ないです。
・1人1人を細かくは見てくれません。

家庭教師のデメリット

・相性のいい先生を見つけるのが難しい場合があります。小学校受験など幼児に家庭教師を付けるときは特に注意が必要です。
・同じ先生がすべての科目をまかない科目ごとの先生を選ぶことは難しいです。
・一般的に料金が割高です。
・馴れ合いになってしまい、緊張感が保てなくなることもあります。
・自宅なので対応が面倒に感じることもありえます。

個別指導のデメリット

・塾側の都合で先生がよく変わるところがあるようです。
・料金設定が家庭教師と変わらない、もしくはそれよりも高い塾もあるようです。
・アルバイト講師がのために、授業の質が低い教室があります。
・合わない先生に担当されると、1対1が辛い
・仲良くなりすぎて馴れ合いになる可能性があります。

選択方法

相談それぞれに、考えられるメリットやデメリットを挙げて見ましたが、決める方法としては、「このメリットを捨ててでも、このメリットが必要」とか、「このデメリットを受けても、このメリットが必要」というものを選ぶのが無難でしょう。

また、子供が対象者のときは、子供の性格を考えるのもいいでしょう。負けず嫌いなら、塾が向いているでしょう。周りの人に触発されて自分のモチベーションとするという人は案外多いと思います。そのようなことも考慮しておきましょう。

口コミやホームページの掲示板で、悪い噂が多い所は避けたほうが良いと思います、昔から「火の無いところに煙は立たない」と言います。ただし、ネット上の掲示板は、自分の名前を書かなくてもいい事から、嘘などの流言飛語などもありえます。そのため、ネット上での情報集めは慎重に行ってください。